コロイドヨードの基礎知識

コロイドヨードとは?

コロイドヨード療法に使用されるコロイドヨードとはどのようなものなのでしょうか?

ご存じの方は少ないと思います。

コロイドヨード療法は、日本においてはまだまだ認知度が低いため、コロイドヨードがどんなものか知らないのは当然のことでしょう。

 

しかし、治療の際には実際に体内に入るものです。

どのようなものか全く知らないというのは不安の原因になる可能性があります。

そこで、まず「コロイドヨードとは何なのか」簡単に説明いたします。

 

コロイドヨードとはコロイド化したヨードのことなので、

①コロイド

②ヨード

に分けて説明をします。

 

① コロイド化とは

2種類の物質が混じりあう際に、一方が分子より大きい微細粒子(1~100nm)となりもう一方の物質に均一に混じり分散している状態で、この状態の気体・液体を分散体と言います。

液体の分散体をコロイド溶液と言います。

 

この、コロイド溶液は特別なものではなく私たちの身の回りにも多くあります。

例えば、

・牛乳   : 水分に乳脂肪分、タンパク質、カルシウムなどが溶けたコロイド溶液。

・墨汁   : 水分に煤や膠が溶けたコロイド溶液。

 

そして、

・コロイドヨード : 水分にヨウ素が溶けたコロイド溶液。

と言うことです。

 

 

② ヨードとは

ヨードとは原子番号53番、元素記号Iのヨウ素のことです。

ヨウ素は人間の体に無くてはならないミネラルです。

通常ヨウ素は甲状腺から分泌され体全体の新陳代謝を促進する甲状腺ホルモンの主成分となっています。

ヨウ素は消毒薬としてもよく用いられヨードチンキ、イソジンもヨウ素が主原料です。

 

ヨードは地球上のどこにでもあるものではなく、主に海底埋積物に含まれていて、海水・海藻に含有されています。

チリ・日本が主な産地です。・・世界中どこでも採れるものではありません。

 

注意:過剰に摂取するとパセドウ病、橋本病など甲状腺の病気になりやすくなってしまう危険があります。

 

 

③ なぜヨードをコロイド化するのか

なぜヨウ素をコロイド化する必要があるのでしょうか?

 

ヨウ素ははそのままでは毒性があり体に取り入れることができないのです。

このため主に殺菌作用に利用されていました。・・・ヨードチンキ、イソジンetc.

 

しかし、

「水素と結合させコロイド化することで毒性を無くし細胞が利用できる」

ようにしたのがコロイドヨードなのです。

 

コロイド化して体内に取り込めるようにしたことで、内服、点滴、注射などが可能となり様々な治療に使用できるようになったのです。

 

>>コロイドヨードのことなら何でも気軽にご相談ください<<

ご相談はコチラから

 

本サイトの記事は、「JCIコロイドヨード」の研究・実績をもとにしたものであり、「コロイドヨード」の名称にて一般販売されているものとは一切関係ありません。

こちらもCHECK

JCIコロイドヨードとは

  「コロイドヨード」と一口に言っても一種類ではありません。 コロイドヨードと検索してみると日本国内でも数種類の「コロイドヨード」と名の付く製品が販売されています。 当サイトにて紹介している ...

続きを見る

 

提携医療機関

健康増進クリニック               (東京都千代田区)

医療法人社団 知慎会 JTK Clinic        (東京都千代田区)

医療法人SAKURA 志布志中央クリニック     (鹿児島県志布志市)

眼科・統合医療ほんべクリニック         (愛知県名古屋市)

上記クリニックをはじめ多くのJCIコロイドヨード取扱い医療機関と提携しております。

ご要望があればご紹介することも可能です。

-コロイドヨードの基礎知識

© 2021 コロイドヨード相談窓口